配当金ブログ

主に高配当株式の配当金について。ですが、最近はアメリカの多国籍企業株保有優先。

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



スポンサードリンク

生活の知恵

ネット通販やめてみた──ストレス解消&お金も貯まる快適生活に

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


ネット通販やめてみた──ストレス解消&お金も貯まる快適生活に
http://www.asyura2.com/18/hasan127/msg/834.html

------------引用開始------------

 AmazonやZOZOTOWN、楽天市場などといったオンライン上の通販サービスが、日々の生活に欠かせないという人も少なくないだろう。しかし、その一方であえて“ネット通販断ち”をする人もいるようだ。


 30代会社員の男性Aさんの趣味は音楽鑑賞と映画鑑賞。学生時代からアルバイト代でたくさんのCDやDVDを購入。漫画や雑誌、書籍なども頻繁に買っていたという。


「いわゆるオタク気質で、気になったバンドのCDや好きな映画のDVDはできるだけ買うようにしていました。特に社会人になってからは、自由になるお金も増えたので、それまで以上に大量のCDやDVD、雑誌などを買うようになっていました」(Aさん、以下同)


 AさんがCDやDVDを購入したのは主にAmazonだったという。


「以前は都内の大きなCDショップに通っていたんですが、買う量が多いと、やっぱりネット通販のほうが便利。お店から持って帰ってくるのも重いし、店の棚からほしいものを探すのも面倒。Amazonなら、在庫の有無もすぐ確認できるので」


 しかし、いつしか通販生活が負担になってきたという。


「いちばんの問題は、荷物を受け取りにくくなっているということです。私は独身の一人暮らしなのですが、平日は基本的に朝から晩まで家にいません。土日は出かけていることもあってスケジュールがまちまち。荷物の配達時間を指定しようにも、急に都合が悪くなってしまうということも少なくないんです」


 ネット通販の普及により、宅配便の需要が増大し、ドライバー不足が叫ばれている昨今。配達が遅れてしまうことも少なくない。


「時間指定をしていても、なかなか荷物が届かないということも多く、出かけたくても出かけられないといったことはしょっちゅう。配達してくれるドライバーさんも、遅れる度にものすごく丁寧に謝ってくれるのですが、それが申し訳なくて……。もやもやとしたストレスになっていたのは事実です」


 配達に関するストレスを解消するために、あえて一切のネット通販をやめてみることにしたAさん。すると、なんとも快適な生活が待っていたという。


気づくと部屋のなかのモノはどんどん減っていった


 ネット通販をやめることを決心したAさんの生活はかなり変化していくこととなる。


「まずCDを買うのをやめて、すべて聴き放題のサブスクリプションサービスか、配信で購入して音楽を楽しむようになりました。それまでは、CDを買ってはそれをパソコンに取り込んでいましたが、まずその作業がなくなったのがとても快適です。


 映画もDVDを買うことをやめて、基本的にはAmazonの配信レンタルを活用。旧作であれば100円くらいで借りられる作品も多いし、観たいと思った時にすぐ観られるので便利です。DVDは買わなくなりましたが、映画を見る本数は確実に増えています。本や漫画、雑誌も基本的には電子書籍です」


 通販をやめた結果、気づくと部屋のなかのモノはどんどん減っていった。


「モノを買わない生活になれると、これまで所有していたモノに対するこだわりみたいなものもどんどん薄れていって、CDやDVDも特に思い入れがないものはほとんど売ってしまいました。おかげで部屋もスッキリして広くなって、過ごしやすくなりました」


 さらに、貯金も増えたという。


「これまでは『とりあえず買っておこう』という感じでCD、DVDを買うことも多かったのですが、今は、配信されていない作品はよっぽどのことがない限り買わなくなりました。特にDVDは、観る時間もないのに“ただ買っているだけ”のものもたくさんありましたが、今は実際に見る直前に配信レンタルをするだけなので、無駄な出費が一切ない。おかげで貯金ができました。逆にこれまでこんなに無駄遣いをしていたのかと気づいて、ちょっとショックでしたが……」


“モノ”に依存しないライフスタイルが節約をもたらすとのこと。ネット通販断ちを実践したことで、貯蓄につながるという効果もあったようだ。

-----------引用終了------------



オカネは使わないと貯まるよね。



スポンサードリンク

完全個室・防音・鍵付きで人気のネットルーム ホテル代わりにも重宝

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


完全個室・防音・鍵付きで人気のネットルーム ホテル代わりにも重宝
http://www.asyura2.com/18/hasan127/msg/623.html

------------引用開始------------

 ここ数年、ネットカフェの進化版といえる「ネットルーム」が、人気となっている。ホテル代わりに利用する人も多いという「ネットルーム」の魅力はどんなところにあるのだろうか。


 ネットカフェというと、簡単な衝立で区切られているものの、天井が抜けていたりなどと、完全なプライベート空間ではない。しかし、ネットルームの場合、完全個室で鍵付き、さらに防音となっており、プライベートな空間を確保できるのだ。部屋は、靴を脱いでくつろげるフルフラットとなっていることが多く、大画面のテレビとパソコンが備え付けられているケースがほとんど。ネットルーム事情に詳しく、自身もよく利用するというフリーライターのA氏はこう話す。


「パッと見た印象はカラオケボックスのような雰囲気で、中身はカプセルホテルのようです。ネットカフェのようにフリードリンクではなく、食べ物のメニューもないケースが多く、基本的に食べ物・飲み物は持ち込み自由。部屋の中で寝転がれるし、会話もできるし、電話もできる。映画なんかもヘッドホンを使わずに見ることができるので、本当に自分の部屋にいる感覚です。フロントに鍵を預けて外出もできるし、有料ですがシャワーや洗濯機もあります」


 もちろん漫画や雑誌を読むのは自由。室内のパソコンでネットを楽しむこともできるし、仕事をすることもできる。


「2人用ネットルームも多く、カップルで利用するケースも多い。予約ができる店も多く、たとえば、どこか遠い土地へとコンサートやスポーツ観戦に行った帰りに、休憩がてら朝まで利用するということもできます」(A氏)


 料金は曜日や時間帯によって異なるケースが多いが、ホテルに比べれば格段に安い。たとえば、東京千代田区にあるネットルーム「マンボープラス神田店」であれば、平日のスタンダードプランで、はじめの30分が1人200円、2時間パックが850円、3時間パックが1150円、ナイト12時間パック(午後7時~午前5時)が2200円となっている。


「店によって料金は変わってきますが、12時間でも3000~4000円あれば足ります。会員割引や数日間の予約なども可能で、カプセルホテルよりも割安だと思います。布団がないので、快眠が保証できるわけではないのですが、夏場であればそこまで気にならないと思います」(A氏)


個室ビデオから鞍替え派も


 実際にA氏はどんな形でネットルームを利用しているのだろうか。


「最も多いのが、打ち合わせなどで外出した帰りにネットルームで仕事をするパターン。喫茶店でもいいんですが、周りに人がいるとあまり集中できない。また、半日くらい歩き回る取材も多く、そういうときは靴を脱いでリラックスしたい。2時間の予定で入って最初の30分は横になって仮眠をとって、そこから1時間ほど原稿を書き、残り30分で無料で見られる動画などを見る感じです」


 20代会社員の女性Bさんも、ネットルームをよく利用するという。Bさんは、飲み会の後によく行くそうだ。


「よく渋谷で飲み会をするんですが、家がちょっと遠くて。終電を逃したときは、コンビニでお弁当なんかを買って、友達と一緒にネットルームに入って、始発まで時間を潰します。シャワーも浴びられるし、アメニティーグッズもあるし、意外と快適です。普通のネットカフェだと会話もできないけど、ネットルームなら周りを気にしないでいいので、本当に便利です」(Bさん)


 40代の男性会社員Cさんは、1~2時間程度のショートステイで利用することが多いという。


「外回り中、お昼などの休憩でよく利用しますね。前は“個室ビデオ”で時間を潰すことが多かったんですが、ここ最近はもっぱらネットルームです。値段はそこまで変わりませんが、昼間だとネットルームのほうが入りやすいので…」(Cさん)


 快適なリラックス空間を提供するネットルーム。今後はさらに注目を集めるかもしれない。

-----------引用終了------------



家に帰りたい。



スポンサードリンク

コストコに年会費(4,400円)を払わずに行く4つの方法 一度行ってみたい方へ

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


コストコに年会費(4,400円)を払わずに行く4つの方法 一度行ってみたい方へ
http://www.asyura2.com/18/hasan127/msg/352.html

------------引用開始------------

「一度は行ってみたい!」コストコ


日用品から食品まで、ありとあらゆる商品に出会える倉庫型スーパー、コストコ!


値段が安いことはもちろん、高品質で、コストコでしか手に入らない珍しいモノもたくさん販売されている、おなじみのスーパーですよね。


スーパーなのに、テーマパークに来ているかのようなワクワク感があるので、誰もが「1度は行ってみたい!」と思うのではないでしょうか。


ですが、コストコには「年会費」が必要


唯一のネックです…。


年間4,400円(税別)なので、決して安いとは言えないですよね。


そこでここでは、タダでコストコに入場できる方法をまとめています。


1度だけ行ってみたいという方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。


1. 会員と同伴


私も、一番初めにコストコへ行った時は、会員と同伴させてもらいました!


コストコの会員は、


のように、会員本人のほか、2人まで同伴できます。


うれしいのは、18歳以下の子どもであれば、何人でも同伴が可能なことです。


例えば、会員本人、同伴者2人にそれぞれ子どもが3人いる場合…


大人3人に対して子どもが9人になってもOKということになるんです。


あくまでも自分の周りに、同伴させてくれる方がいれば…ということが前提です。


快く同伴させてくれる親しい人や、家族・親戚で会員がいる場合は、ぜひ一度同伴をお願いしてはいかがでしょうか?


2. 1日フリーパス


コストコには、「1日特別ご招待券」というフリーパスが存在します。


私も、この1日特別ご招待券、使ったことがあります。


ただ、この1日特別ご招待券、必ず手に入れられる方法がありません…。


以前は、ムック本の付録としてついていたことが多いのですが、不定期なので、現在はなかなかついていないことが多いです。


ちなみに私は、近隣のコストコ1日特別ご招待券が、ポストに投函されていました。


地域によっては、私のようにポスティングによってゲットできる場合もあるようですね。


最近では、フリマアプリやオークションで、1日特別ご招待券が転売されていることがありますが、使用できない可能性もあるため、購入は避けるようにしましょう。


3. コストコの商品券・プリペイドカードで買い物をする


コストコには、「商品券」と「「プリペイドカード」があります。


これらを持って買い物をすると、非会員であっても入場することが可能です。


商品券とプリペイドカードは、コストコで購入できるので、会員になっている方に購入をお願いしましょう。


注意点


商品券とプリペイドカードは、使用にあたって2点注意しておきたいことがあります。


1. コストコに登録したことのない人しか使えない


過去に1日特別招待券で入場した方や、既に商品円・プリペイドカードを使用して買い物をしたことがある方は使用できません。


2. 商品代金が5%上乗せになる


正会員と同料金ではなく、販売価格から5%上乗せした金額で購入しなければなりません。


4. 会員になってすぐに退会


この方法は、最終手段というべきものです。


あまりおすすめはできませんが、「どうしても1日無料体験したい!」という方は試してみる価値はあります。


コストコは、入会して1年以内の退会の場合、支払った年会費が全額払い戻しされるという決まりがあります。


この制度をうまく利用すれば、実質タダで買い物ができるんです。


ただし! 退会後1年は再入会ができないので、その点をふまえてどうするか考えなくてはなりません。


「1年に1回くらいしか行かない」、「とりあえず1回だけ行ってみたい」そんな人には良いかもしれませんね。(執筆者:三木 千奈)

-----------引用終了------------



行ってみたいね。



スポンサードリンク

格安スマホに切り替えられない残念サラリーマンは大損している!

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


格安スマホに切り替えられない残念サラリーマンは大損している!
http://www.asyura2.com/18/hasan126/msg/869.html

------------引用開始------------

家計に占める割合が

急増している「通信費」


 普段、家計相談をしていると、気づくことがあります。ここ数年、スマートフォンやインターネット回線、固定電話の費用といった「通信費」の家計に占める割合が大きく、家計を圧迫している家庭が多いことです。


 そうした家庭が、家計のリストラに取り組む場合、当然、「通信費」から削ることになるのですが、ここで抵抗する男性が少なくないのです。中でも多いのが、スーツをきちんと着て真面目そうな“保守的”な男性です。


 何を抵抗するのかと言えば、大手キャリアのスマホを格安スマホに切り替えること。家計の支出状況を見ながら、削減ポイントの一つとして触れると、口では「格安スマホに変えるのはいいと思うのですが…」と言いながら、納得していないのが見え見え。それ以上、話を進めようとはしないのです。


 奥さんが相談に来られた際には、「夫が絶対に変えたくないっていうので、変えられません」と言われることもあります。


 格安スマホに変えれば支出は減る。多くの人が頭では分かってはいるのでしょうが、実行できないというのは、なんとももったない話です。


 ただ、誰もが変えればよいというわけではありません。仕事で使う場合や、通話をたくさんするといった人は、今までのキャリアとの契約をそのままにしておいた方がいいでしょう。しかし多くの場合、「元を取った」と言えるまで使い込んではいないのが現状ですから、格安スマホに変えた方がいい人は少なくないでしょう。


賢い人は情報収集し

格安スマホに切り替えている


 拒否する理由を聞いてみると、「今は、機種変更する時間がない」と多くの人が言います。家計相談に来る時間はあるのですから、そんなはずはないのですが。


 本当の理由は別にあります。例えば、「大手以外のキャリアを使うと、ケチだと思われ恥ずかしい」「格安スマホはつながりにくく、データ通信や音声通話の品質も悪いのではないかと不安に思う」「機種変更する際に発生する解約金がもったいない」「大手キャリアに相談したら、拒否されそうだ」などなど。どれも根拠のない、薄っぺらなものばかりなのです。


 確かに、格安スマホは無料通話分が十分ではないなどのデメリットはありますが、今や、多くの無料通話アプリがあり、それを使えば十分通話ができます。音質だって、決して悪くありません。品質はずいぶん改善されているため、満足度も決して低くないはずです。


 一度も試さず、先入観だけでせっかく安く使えるものを逃してしまうのは、非常に残念。少しでもお金を貯めたいと考えているのであれば、「利用の現状に見合った使い方、かつ適正な金額で利用する」ことを心掛けるべきです。賢い人は、そういうことを見逃しませんし、自分でしっかりと調べて取り込もうとします。


 つまり、お金が貯められるかどうかは、行動がすべての入り口。実行力があるかどうかで決まります。


月に2万3000円節約でき

運用すれば大きな資産に


 夫婦に中学生と小学生の子ども2人がいる4人家族のTさん一家。全員が大手キャリアのスマホを使っています。


 スマホ4台にネット回線代、そして固定電話の費用を含めると、Tさん一家の通信費は1ヵ月になんと3万6000円。ですが、そろって格安スマホに切り替えると、1万3000円まで下がりました(図1参照)。浮いた差額は2万3000円。これだけ浮けば、家計の赤字解消にも貢献するでしょうし、コツコツ貯めて遊びに行ったり、投資に回したりすることだってできます。     


 この先30年間、格安スマホを使うと仮定し、節約できる金額を計算してみますと828万円にもなります。


 ですが、この浮いた資金を投資信託で積み立て、年利3%で運用できたとすると、運用益は30年で約512万円となり、約1340万円もの「資産」を作ることができます。さあ、この数字を見ても大手キャリアのスマホを使い続けますか?


 家計をリストラする手段として格安スマホを紹介すると、女性、特に専業主婦の方は、素直に受け入れてくれます。設定などに多少の不安を感じていても、相談できる家電量販店などに行って、切り替える人が多い。


 そして、数ヵ月間使ってみて、使用感は大手キャリアと大して変わらないことや、解約金も2〜3ヵ月もあれば元が取れてしまうこと、そして今までより家計のやりくりが楽になることなどを口にし、「もっと早くやっておけばよかった」と言います。


家計を改善させるには

得な情報を取り込む姿勢が重要


 男性でも、家計相談の経験上、自営業や自由業などに就いている人の方が受け入れやすい気がします。難しいのは、普段、規則に縛られているサラリーマン。どれだけ奥さんが訴えても、聞く耳を持たない夫が多いのです。頭が固く、新しいことを受け入れるのが苦手なのかもしれません。


 そうした夫を説得するコツがあります。まずは奥さん、そして子どものスマホを格安に替え、何ら不自由のないことを身をもって示すのです。


 ここまで格安スマホの話をしてきましたが、実は今回、スマホの話をしたかったのではありません。家計を改善するためには、生活上の知恵や、お得な情報などを上手に取り込むという視点を持ち、実行に移すことが重要であると訴えたかったのです。


 スマホの話は、あくまでその代表例。家計が残念な残念サラリーマンは、いつまでたっても習慣に縛られて抜け出せず、新しいことを受け入れられない人たちだという話でした。


(家計再生コンサルタント 横山光昭)

-----------引用終了------------



固定費の見直しは大事。



スポンサードリンク

宿泊サイト 「安い順」で検索する時の注意点

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


宿泊サイト 「安い順」で検索する時の注意点
http://www.asyura2.com/17/hasan125/msg/135.html

------------引用開始------------

 旅行や帰省で宿泊施設が混み合う時期が近付いてきた。かつてなら、ホテルや旅館に1軒1軒電話をかけ、空室状況を確認しなくてはいけなかったが、今や宿泊サイトで空室の有無のみならず、「部屋の広さ」「和室・洋室」「禁煙・喫煙」など、あらゆる条件で部屋を探すことができる。一方宿泊サイトでは、「安い順」「人気順」「部屋が広い順」「評価が高い順」など、条件によって表示順を変えることもできるが、いくつか注意点がある。


 多くの人にとって値段は重要な要素だろうが、「安い順」で検索すると、しばしば「1円」「108円」など、極めて安い価格のものがヒットする。しかしこれらはまず間違いなく、「70歳以上で誕生日の方」「50歳以上で誕生日の方」など、“年齢縛り”“誕生日縛り”があるものばかりだ。


 こうしたサービスは、「安い順」で検索する人が多いことに目を付け、ごくごく一部の人を対象に法外な安い値段を付けることで、ホテル名が「安い順」で最上位に表示されることを狙ったものだろう。そのホテルの価格帯が必ずしも安いとは限らないので、価格で選びたい人は気を付けたい。


 上述のような“縛り”がない施設でも、「安い順」で検索した時に限りなく上位に表示されたものを予約する際には注意が必要だ。掲載されている宿の中には、カプセルホテルやドミトリー(相部屋)が含まれている場合がある。そういった宿は、値段は魅力的だが、貴重品の管理やいびき問題など、デメリットも存在する。個室を希望する人は要注意だ。


 また、「○○順」で検索した時に、宿泊サイトによっては、一番上に表示されたものがお望みのホテルではないケースがある。検索結果の最上位かと思われるものは実は広告で、本当に一番安い、一番広いホテルが広告の下に表示されるパターンがあるのだ。また多くの宿泊サイトでは、最初の設定が「おすすめ順」になっているので、検索する際はくれぐれも注意したい。

-----------引用終了------------



ドミトリーだとショックだな。



スポンサードリンク

私はこれで「電気」をやめました 「東電フリー」な電気代0円生活

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


私はこれで「電気」をやめました 「東電フリー」な電気代0円生活
http://www.asyura2.com/17/hasan124/msg/306.html

------------引用開始------------

染織作家であるフジイさんの仕事部屋。「東電フリー」でもミシンやライトは問題なく使える


 2011年の東日本大震災と、それに伴う原発事故により、節電を意識するようになった人は多いはず。さらには、電力会社との契約を解除し、すべての電力を自力で賄っている人たちも存在する。そんな「東電フリー」な生活とは?


 都内の公営団地に暮らす染織作家フジイチカコさんが「東電フリー」生活に一歩を踏み出したきっかけは、東日本大震災だった。日中と夜間に3時間ずつ、合計4回の計画停電を経験し、近所の友人とロウソクの灯るカフェに集まり、不安を分かちあった。


「たまたま私がキャンプ用に持っていたソーラー式ランタンが役立ち、電気を自給する『オフグリッド』やソーラーパネルの話で盛り上がりました。エネルギー問題について考えている人が多く、仲間と情報交換をしながら節電を始めたのですが、すっかり楽しくなっちゃって」


 まず取り組んだのは、契約アンペア数を30アンペアから15アンペアに下げること。すると3千円台だった電気料金が、一気に2千円台に下がった。約半年後の2011年秋には冷蔵庫のプラグを抜いた。24時間365日使いっぱなしとなる冷蔵庫は、家庭での消費電力の約14%を占める。当初はハードルが高いと思ったが、結果は「なくても意外と大丈夫」だった。


「野菜や卵は常温でも保存できるし、生鮮品は近所のスーパーでそのつど買えば問題ありません。また体が野菜中心の生活になじんで、肉や魚はほとんど口にしなくなりました」


 掃除は箒や雑巾を使えばいいし、お米は鍋で炊けばいい。ストーブにやかんを置けば加湿器代わりになる。掃除機、炊飯器、加湿器、ドライヤー、トースターなどの家電製品は、次々に押し入れ行きとなった。電話機も、昔ながらの電気の必要ないタイプに買い替えた。そして12年8月、契約アンペア数を最小の10アンペアに落とした。


「月の電気代は千円に下がりましたが、仕事上必須のアイロンが15アンペア必要なので、とても困りました。インテリアに買ってあった骨董品の炭火式アイロン(グラビア参照)が役に立ちました」


 並行してソーラーパネルを12万円で譲ってもらい、ベランダに設置。そして12年9月1日(奇しくも防災の日)、ついに東京電力との契約を解除した。


 現在、フジイ家はソーラーパネル4枚で、1日最大2キロワットの電力を賄う。発電効率が最も上がるのは黄道(太陽が通る軌道)が低くなる冬の晴れた日で、使い切れないくらい発電してくれる。


「化石燃料に頼らなくても、こんなに自給できるのかと驚きました。余った電力をみんなにおすそ分けしたいくらい(笑)」


 ソーラー発電の欠点は、天候に左右されること。特に雨の日は発電量が乏しくなる。そんなときは知人から譲り受けたエアロバイク発電機で自家発電する。10分ペダルを漕ぐだけで、脱水機3分、扇風機3時間、5ワットのLEDランプ(白熱灯で40ワット相当)2時間分の発電が可能だ。


 ここで、フジイさんが「東電フリー」生活から得たアイデアをいくつか紹介しよう。


●ソーラークッカー

 太陽熱で加熱する調理器具。驚くほどの熱量があり、食材のうまみが引き出せる。市販もされているが、ステンレスシートなどを使って手作りも可能。


●手作りCDライト

 電球の傘のようにCDをLEDライトのまわりに取り付ける。鏡面に反射して光量が大きくなる。


●植木鉢ストーブ

 金属製のバットの上に網を敷き、キャンドルを置いた上に植木鉢をかぶせると火鉢のような暖かさに。大小の植木鉢を組み合わせて二重にすると、さらに効果的。


 現在は第二種電気工事士などの資格を取得しているフジイさんだが、最初は特別な知識など何もなかった。


「ゼロから始めた主婦としては、まずは身近な節電に目を向けていただければと思います。待機電力をおさえるために、こまめにプラグを抜く。バスタオルは洗濯時にかさばるのでフェイスタオルを使用する、乾きやすい麻の素材を使用することなども、節電につながります。また、ドライヤーやアイロン、電子レンジなどの消費電力の大きい家電を同時に使わず、使用時間を分けることで、アンペア数を下げることができます」


 フジイさんの取り組みは『ソーラー女子は電気代0円で生活してます!』にまとめられている。


 西武線飯能駅から車で約30分。埼玉県入間川の源流に位置する旧名栗村の下田家は、「東電フリー」を実践して5年目に突入した。夫の亘さん(58)、妻の洋子さん(53)、双子のさちさん、ゆきさん(20)の4人暮らしで、暖房、炊事、入浴と、必要な熱量のほとんどすべてを薪炭で得る。山間地だけに夏は涼しくてエアコン要らず。冷たい湧き水のお陰で冷蔵庫も必要ない。


 建坪15坪の木造住宅は、棟上げ、屋根工事までは業者に任せ、内外装工事は自分たちで、1年半かけて仕上げた。当初から「無電化住宅」を考えていたので、開口部を広く取るなど採光に配慮。必要な電力は最小限にとどめ、いわゆる「白物家電」は洗濯用の脱水機だけ。1.2ワットのLED電球8個と、大工仕事に使う電動工具、スマホの充電などはソーラー発電で賄う。あまりの徹底ぶりに、娘のさちさんからはこんな本音も。


「環境にも健康にもいいのはわかりますが、トイレは臭いし……。両親はいいでしょうが、私はもう少し便利な暮らしがしたいです」


 実は下田家は以前、埼玉県内のごく普通の住宅街で「オール電化」の家に住んでいた。


「25年前に建てた家で、ソーラー設備付きなので電気料金が0円と安上がりでしたが、電磁波について調べるうちに、幼い子供への影響が怖くなりました」


 さらに3.11後の計画停電で、オール電化の脆さを痛感した。給湯器が動かず風呂が使えない、IHなので調理もできないなど、「まるっきりなにもできなかった」という。


 2人の娘が飯能市の私立中学に進学するのを機に、電力に頼らない家を求めて近隣で古民家を探した。しかし売りに出ている物件はなく、ゼロから理想の住宅を建てることになった。


 下田家のエネルギーの大半を担うのが、薪ストーブだ。ガスや灯油も使用しないので、災害時には特に強みを発揮する。しかし一方で膨大な薪が必要だ。


「1年で使う薪は軽トラック20台分ほど。近隣の森林ボランティア団体の活動に参加して、間伐材をもらってきたり、近所の製材店から、軽トラ一杯500円で端材を譲ってもらうなどして賄います」


 地元民や移住仲間との交流が、今の暮らしを支える力になっているという。妻の洋子さんも地元で開催される朝市などのイベントを通して、自家製クッキーなどの販売をしている。


「人と関わらなければ暮らしは回りませんが、それこそがこの生活の楽しみですね」(洋子さん)


 さらにワイルドな「東電フリー」生活を満喫しているのが、埼玉県秩父市の新井亮介さん(29)だ。「82坪で20万円。軽トラを買うよりも安かった」と本人も笑うほどの格安で土地を購入。ほぼ一人、独学で昨年建てた小屋に暮らす。


「全部で100万円かかってない」という家には、電気、ガス、水道はナシ。川の水を生活用水とし、飲料水は近所の道の駅で汲んでくる。煮炊きはたき火とカセットコンロ。トイレはブルーシートで囲ったバケツで済ませ、風呂は近所の銭湯へ。照明と、携帯などの充電は、ソーラーパネル2枚で賄う。オンラインでネットにもつながっているが、


「『電気がない家に光回線を引いたのは初めて』と、電話会社の人が呆れていました」


 普段は9時5時勤務のサラリーマン。車で約40分の水源管理会社でダムの保全を担うが、休日は猟師となって山野に獲物を追う。最近は婚約者の青木翔子さん(28)が、武甲山の登山口に開店したカフェ「LOGMOG cafe&shop」の隣に建てる新居の建築に忙しい。婚約者の目に、彼の小屋住まいは、どう映っているのか?


「私もどちらかというと都会的な『モノを持ってナンボ』の世界に疑問を感じていたので、なににも縛られない生活を実行している彼が、東京の男子より断然、頼もしく見えます。トイレだけはいただけませんが」


 そもそも新井さんが小屋暮らしを始めたのは、モノの少ない生活に憧れたためだ。県内の実家に住んでいたころ、「自分の部屋なのに、自分の動けるスペースが狭い」と思ったのがきっかけだった。それから洋服や靴、雑貨を捨てる「断捨離」を始めた。引っ越し時の荷物は、軽トラ1台分にも満たなかった。現在も、冷蔵庫、テレビ、エアコンは持たず、代わりに冷たい飲み物はコンビニへ、テレビが見たくなったらラーメン店へ、猛暑日は図書館でやり過ごす。いわば徹底的な「断捨離」の結果が、「東電フリー」の小屋住まいだったわけだ。


 小屋の維持費は、固定資産税が年間7千円。月の生活費は5万円程度だ。


「新居を建てたら、のんびり子育てして過ごしたいですね。本来、定年してからやることを、やってしまいましたから」


「而立」の年を前に、早くもセミリタイアにシフトしつつある新井さんであった。


* * *

 日本の電力需要は戦後、ほぼ一貫して増え続けてきたが、節電意識が高まった東日本大震災以降はその伸びは鈍化傾向にあるという。震災以降、東京電力管内では電力使用量が約600万キロワット減少した。


「電力会社と契約しない」「契約を解除する」には、相当な覚悟が必要だ。しかしソーラー発電の普及により、電力会社に頼らずとも照明や情報端末の充電など、最低限の電力を確保することが可能になった。


 戸建て住宅の太陽光パネル導入は16年度に200万件を超えた。背景には、家庭用の太陽光発電システムの設置費用の低下がある。1キロワットあたりの設置費用は11年に50万円前後だったのが現在では30万円程度となり、4割程度下がっている。


「東電フリー」の暮らしは、意外と身近なところにあるのかもしれない。(ライター・中山茂大)

-----------引用終了------------



めんどくさそうな気はする。



スポンサードリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村
未経験者大歓迎
★オトク情報★
無料で海外旅行保険自動付帯
Twitter プロフィール
配当金という副収入で人生に潤いを。
クラウド証券
アトムカード
急な資金、まとまった資金の調達
MCドクターズネット
MC─薬剤師のお仕事
医師バイトドットコム
医師転職ドットコム