配当金ブログ

主に高配当株式の配当金について。ですが、最近はアメリカの多国籍企業株保有優先。

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



スポンサードリンク

教訓

成功者と見られている経営者は本当に幸せなのか?

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


成功者と見られている経営者は本当に幸せなのか?
http://www.asyura2.com/16/hasan115/msg/776.html

------------引用開始------------


 私は公認会計士、心理カウンセラーとして経営コンサルティングを行っている。こういった肩書きで仕事をしていると様々な相談が寄せられる。

 そろそろ上場も見えてきた。会社の従業員は毎年倍増し、規模拡大中の会社の経営者。業界の人たちからは注目を集めるその経営者の方からこんな相談を受けた。

 「実は今すぐ会社を辞めたいんです。とはいえ自分が創った会社なんで辞めるわけにもいかず・・・」

 時代の流れもあって、展開しているサービスへの受注が殺到し、その仕事をこなせる人員が圧倒的に不足する状況に陥った。急遽、人員募集をかけ、次から次へと人を雇い、その仕事ができるようになるためにスキルを教え、どんどん現場へ送り込んだ。


仕事が増え従業員も増えたものの・・・

 そうするうちに受注はさらに増え、ビジネスチャンスを逃してはならないと人員募集の枠を倍増させる。

 気がつけば数人だった会社は100人近くまで従業員が増えていった。仕事に必要なスキルを教えてきたので、みんな与えられた仕事はできる。現場に行って仕事をこなし、せっせと売上の獲得に貢献してくれる。

 しかし、それ以上でもそれ以下でもない。大半の人間が入社2、3年目の新人から構成される会社。現場を統率するだけの組織体制も仕組みもまだできていないため、現場の主導権は徐々に新人組によって握られ始める。

 そんな状況でも仕事は次々に舞い込んでくるため、さらに人員を募集し、現場の新人比率はさらに上がっていく。

 一見すると今をときめく急成長の会社のように見える。しかしその内情は、メンバーの統率はとれず、業務の質は下がり、一方でお客様は増えるため、質の低い業務をより多くのお客様に提供するという状況に陥っていた。

 こういった状況で社長の負うリスクと責任の大きさを考えると、ぞっとするものがある。そんなリスクと責任を負いながらも会社に行くと、社長といえども新人組からはよそ者扱いされる。


 社長が喫煙室に入ると、そこにいた新人組はそそくさと部屋を出て行く。ランチの時に新人組の輪に入ろうと話しかけても、一言二言話すとよそよそしい空気が流れる。

 既存メンバーは会社を辞める者も出てきた。

 「数人で会社をやっていた頃はそんなに儲かってはいなかったけど、毎日楽しかった。今は儲かっているかもしれないが、毎日が憂鬱なんです」

 「今は受注が来てますけど、いつまで続くか分からない。こっちは必死になって先のことを考えているのに、現場の連中はのうのうと与えられた仕事をこなすだけ。まるで温度感が違う」

 「できることなら、もう一度、気心知れたメンバーだけで少人数の会社をやっていきたい。こんな会社にするつもりじゃなかった」

組織は肥大化させてはいけない

 そもそも何のためにリスクを負って独立したのか。必死の思いで会社を大きくしてきた先に待ち受けていた現実がこれだったのか。

 こういったケースは決して珍しい話ではなく、いくつも同様のケースを見てきた。私は組織の拡大の方法についてのご相談を受けた際には、組織を拡大させることはいいが、肥大化させてはならないとお答えしている。

 ここで言う拡大とは、長期的な組織の方向性を示し、それに沿った企業理念や行動指針を定義し、メンバーのスキルとマインドを成熟させ、メンバーが経営者と価値観を共にし、組織の一体感を醸成しながら徐々に人を増やしていくことをいう。

 一方、肥大化とは、長期的な組織の方向性を示すこともなく、目の前の売り上げを取りにいくためにただただ人を増やし、スキルもマインドも価値観もバラバラのメンバーから構成される組織の状況をいう。

 収穫逓減の法則という経済学の言葉がある。

 これはある要素を投入するとその分だけ生産量が増えるという状況において、ある一定量を超えると、投入量を増やしても生産量の伸びが鈍化していく状況のことをいう。

 これは経営にもあてはまる部分がある。

 会社を創業した頃は社長自らが現場の仕事をこなし、それを周りの部下に教えていく。そのため、最も優秀なのは社長であり、その社長から教わった部下は、さらに新たに入ってきた部下に教えていく。

 このように社長からの距離が遠ざかれば遠ざかるほど、従業員の優秀さは低下していく傾向にある。つまり、人が増えれば増えるほど、1人あたりの能力の平均値は低下していくことになる。

仕事が増えた半面、利益率が低下

 もちろん例外はあるが、優秀な人材を獲得することが難しい中小企業においては、特にこの傾向が強い。従業員の能力の平均値が低下すれば、そういった従業員でもできる仕事を取ってこなければならない。

 しかし、概してそういった仕事は差別化が難しいため価格競争に陥りやすく、安価でしか受注できず、受注すればするほど会社全体の利益率は下がっていく。

 ただ、従業員を食べさせていかなければならないため、そういった仕事でも取っていかざるを得ない。加えて、お客様満足度も下がる可能性が高い。その結果、経営者のリスクと責任は大きくなる一方である。

 「会社とおできは大きくするな。大きくすると膿が出る」

 ある方からこんな言葉を教わったが、組織の人数が多くなればなるほど、組織は肥大化しやすい。そういった組織というものが持つ傾向を頭に入れたうえで、既存の従業員のスキルとマインド、価値観をしっかりと成熟させ、組織の一体感を醸成しながら、人を増やしていかなければならない。

 お客様から仕事を頼まれればついつい飛びついてしまい、既存のメンバーで手が回らなくなれば人を採用する。こういった状況にある場合、会社を大きくするかどうかの判断は経営者の意思でなく、お客様の都合に合わせて行ってしまっていると言える。

 しかし、組織が肥大化した時に重いリスクと責任を負うのは経営者である。

 では、お客様から頼まれた仕事を断れと言うのか。そんな疑問が浮かぶかもしれない。

 組織の体制が整うまでは無理な採用は控え、それまでは受け切れない仕事は断るのも1つの選択肢だろう。

 しかし、一度、断ると手が回っていないと思われて、次から仕事を回してもらえなくなるのではないかという不安が頭をよぎる。その場合は、無理に人を雇ってでも仕事を受けるしかないと決断することもあるだろう。

大きいことは良いことばかりではない

 ただ、そういった場合でも、目の前の売り上げを追いかけながら、同時並行でメンバーのスキルとマインド、価値観を成熟させ、組織の一体感も醸成していくという両輪を回すことを意識するだけでも、肥大化するリスクはずいぶん減らせる。

 そして、そのためには強いリーダーシップを発揮して組織を牽引することが求められる。

 組織を大きくすることが必ずしも経営者にとっての成功であるとは限らない。むしろ自らの価値観に沿った経営者としての人生を歩むことが、経営者にとっての本当の成功なのだと感じる。

 経営者というのはリスクも責任も重く、大変な仕事である。だからこそ、その仕事の先に待っているものは、是非とも幸せな未来であってほしい。

そのためにも、ただただ売り上げを追いかけるのではなく、組織の性質につて理解を深め、経営者、従業員ともに幸せに働けるような組織づくりをすることの大切さを肝に銘じてもらいたい。
------------引用終了------------



会社が大きくなると人間関係が希薄になり、よそよそしくなるのか。

人件費のこともあるし、

あんまりやとわずに金儲けできる仕事がいいね。

右から左へお金を流すだけのような仕事。



スポンサードリンク

東京タラレバ娘

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



吾輩はIT系のSEでフリーランスをやっているのだが、

今アラフォーである。



た



東京タラレバ娘が面白い。



吾輩は普段はあまり笑わないのだが、

この漫画に意表をつかれて、本気で笑ってしまった。



内容的には、

あの時あーしておけば良かった、

こーしておけば良かったという話から始まる。



彼女たちはいつまでも無敵の存在なんだと思い続けていた。



実際若いころはそうだったんだろう。



しかし、年月が経ち、ほぼ無価値の存在になりつつあることに気付く。



そして今、窮地に立たされているアラサー女子3人組の話である。



「バットを振る勇気がなければホームランバッターにはなれない」のような教訓が得られる漫画だ。



少し違うか。



あの時バットを振り続けていれば、こんな窮地ではなかったかもしれないと思わされる漫画だ。



自分の価値の高い時に売り抜ける。



高く売れるときに高く売る。



売り時を逃してしまえば、買い手がいなくなってしまう。



塩漬け(売れ残り独身)状態だ。



そのシビアさとくれば株式市場に通ずるものがある。



株も価値が最も高い時に売らなければならない。



利食い千人力だ。



あの時売っておけばよかった。



あの時買っておけばよかった。



株の取引をやっていると、そんなのばっかである。



時間は貴重だ。



もうあの時は戻ってこない。



だから、利益はとれるときに取っておかなければならない。



約定(結婚)だ。




だから、あの時買っておけば、売っておけばと思いたくないから、

吾輩は真剣に株を買っている。



応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ

スポンサードリンク
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

諦めなくてもゲームオーバー

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



吾輩はIT系のSEでフリーランスをやっているのだが、

今アラフォーである。



最強のプレイボーイ!ミリオネアー”Dan Bilzerian”の日常が桁違いに凄い。



男なら、これを目指すべきである。



こんなにドル札があったら、

ほんとうに紙にしか見えないんじゃないだろうか。



しかも持ち家は豪邸だらけ。



町を見下ろす場所での卓球。



愛車はすごいスーパーカーだらけ。



クルーザーやヘリ。



マイジェット機も持っている。



しかも周りは美女だらけ。



うーん、素晴らしい。



しかし、美女同士はどういう関係かと思ってしまう。



仲良いんだろうか。



まぁ、それは良いとして。



吾輩もマイジェット機で、

世界中を美女たちと旅してみたいものである。



しかし、現実は、奴隷生活である。

なかなか頑張っても抜け出せない。



大金持ちは資産のわずか10億円を利回り1%で運用しても、

毎年1000万円が懐に入ってくる。



吾輩は全力で稼いでも、

年収1000万円はいかない。



とてつもない差である。



走っても走っても追いつかない。



「諦めればそこでゲームオーバーだよ。」



という名言があるが、



この場合は、



「諦めなくてもゲームオーバーだよ。」



と言えなくもない。



まぁ、差がついてしまったものは、仕方がない。



吾輩は行けるとこまで行くだけだ。



まわりと比較しても、

良い気分になったり、悪い気分になったりするだけで、

自身の成長とは何の関係もないから、

そういうのはやめよう。



だから、とりあえず前に進みたいから、

吾輩は真剣に株を買っている。



応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ

スポンサードリンク
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

利回り10%の金融商品

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



吾輩はIT系のSEでフリーランスをやっているのだが、

今アラフォーである。



1300億円集め豪遊生活…巨額詐欺事件犯人が野放し!被害者は泣き寝入りか



この事件もすごいが、

マドフ事件はもっとすごい。



ナスダック会長が高利回りの商品を販売すると言ったら、

さすがに普通の人は騙されて買ってしまうだろう。



どんなに巧妙な商品だったかと興味が湧いたので、

グーグルで調べてみた。



「(運用によって)10%を上回る高利回り」



これは、騙されたほうもにも問題がある。



そんなの無理だから。



しかし、騙された人の中には、

金融のプロフェッショナルたちや金融機関などもあったそうだ。



そりゃ肩書きや社会的地位をみたら、

誰でもマドフを信頼するだろう。



ナスダック会長までのし上がった人が、

人生を棒に振るような詐欺をするわけがない。



しかし、詐欺師になった。



急にサイコパス化した。



急に全裸で路上を走り出すようなものだ。



あなたはどう思うだろう。



今まで何年も信頼していた人が、

急に全裸で路上を走り出したとしたら。



頭がおかしくなったと思うだろう。



しかし、考えてもみてくれ。



利回り10%の金融商品を出したときから、

頭がおかしくなったと考えるべきではなかろうか。



すでに、サイコパスだったのだ。



欲を出して、

サイコパス商品を買ったほうにも問題があるのだ。



騙されないためには、

社会的地位、権威だけを見ずに、

その人の行動も見なければならない。



社会的地位が高い人も同じ人間だ。



時には魔がさす時がある。



その人の行動がおかしいと感じたときは、

やはり疑わなければならない。



そして、大切な、自分の血で稼いだお金を、渡してはならない。



しかし、詐欺する人の社会的地位が高ければ高いほど、

被害額が膨大になるという皮肉。



マウントゴックス(Mt.Gox)CEOについても然りである。
3億円超流用



騙されないほうが難しいかもしれない。



しかし、我々は血で稼いだ資産を守らなければならない。



だから、利回り10%商品に騙されたくないから、

吾輩は真剣に株を買っている。



応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ

スポンサードリンク
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

ダメプロジェクト

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



吾輩はIT系のSEでフリーランスをやっているのだが、

今アラフォーである。



大富豪の24時間に見る「時間とお金」の共通点



時間は大事である。



だから仕事はなるべく早く終わらせて、

帰宅するようにしている。



しかし、吾輩の仕事はIT系である。



いろんなプロジェクトに参画したことがある。



ダメプロジェクトもあれば、良好なプロジェクトもあった。



そこで、ダメプロジェクトに入った時だ。



ダメプロジェクトとは、

もともと見積もりが大失敗していて、

想像以上に工数がかかり、

少ないお金と人数で、

膨大な作業をさせられるプロジェクトだ。



これで何人か精神科通いになる人間が出てくる。



見積もりで安く仕事を出せた企業はホクホクだ。

見積もりで安く仕事を受けた企業は地獄だ。



ダメプロジェクトではデスマーチが始まる。



仕事を受けるときに、

客先に凄腕のマネージャーがいるかどうかの確認は重要だ。



凄腕といっても、吾輩をこき使う腕前のことではない。



ここで凄腕マネージャーというのは、作業見積もりの上手い人間だ。



タダの人使いが荒い人間クラッシャーでは困る。



利益も出て、犠牲者を出さず、幸福な定時帰りができる。



そんな環境を作れるマネージャーが重要だ。



しかし、ほとんどの場合、プロジェクトは炎上する。



いつも終電帰り、休日出勤あたりまえ。



なんとかして欲しいものである。



しかし、案件に参画する前の面談では、

プロジェクトの状況はわからない。

どんな人間がいるかもわからない。



参画してみなければ分からないという、

博打みたいなものだ。



しかし、これはフリーランスに限った話ではない。



正社員になるときだって、就職先が地獄か天国かはわからない。



正社員だろうが、フリーランスだろうが、

入社してみて、あまり自分に利点がないと確認できたなら、

すぐ辞めたほうが良いかもしれない。

我慢こそ、時間の無駄だ。



だから、我慢して地獄のプロジェクトに居続けたくないから、

吾輩は真剣に株を買っている。



応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ

スポンサードリンク
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

株価の下落

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



吾輩はIT系のSEでフリーランスをやっているのだが、

今アラフォーである。



最近、株価が下がっている。



配当金狙いだから、

長期ホールドが基本なので、

株価の下落にいちいち右往左往してはならないのだが、

やはり資産が目減りするのは辛い。



全てがゼロになるとかは、

よほどのことが無い限りは、

ありえないと思うが、

やはり心配である。



過去に、

日経先物取引をして、

秒速で資産が吹き飛んだことがある。



だから、そのときの反省により、

現在は現物取引の、

長期ホールドの配当金狙いという株の買い方をしている。



先物の時よりは、

精神的には全然楽だが、

やはり不安である。



吾輩の仕事の契約がそろそろ終わるので、

次は1カ月休みにしようかと思ったが、

最近、株式市場がキナ臭く、

またリーマンショックのような激震が来たら、

不況になり、仕事の募集が無くなってしまうので、

今のうちに、早いうちに、

どこかの企業に潜り込んでおかなければならない。



株価が下落すると、

お金の目減りで不安になるので、

働きたくなるのである。



配当金狙いだから、株価が下がり、

配当利回りが上がるのは歓迎である。



だが、不安なので働きたくなる。



よって、以下の式が成り立つ。



株価の下落=働きたくなる+配当利回り上昇



なので、株価の下落も悪いことばかりではないのである。



だから、資産が目減りして不安にならないほど金持ちでいたいから、

吾輩は真剣に株を買っている。



応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ

スポンサードリンク
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

人気ブログランキング
にほんブログ村
未経験者大歓迎
★オトク情報★
無料で海外旅行保険自動付帯
Twitter プロフィール
配当金という副収入で人生に潤いを。
クラウド証券
アトムカード
急な資金、まとまった資金の調達
MCドクターズネット
MC─薬剤師のお仕事
医師バイトドットコム
医師転職ドットコム