配当金ブログ

主に高配当株式の配当金について。ですが、最近はアメリカの多国籍企業株保有優先。

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村



スポンサードリンク

お金さま

高級ホテルで働くうちにわかってきた、お金持ちなのにブラックリスト入りする人には、ひと目でわかる特徴があった!

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


高級ホテルで働くうちにわかってきた、お金持ちなのにブラックリスト入りする人には、ひと目でわかる特徴があった!
http://www.asyura2.com/18/hasan128/msg/469.html

------------引用開始------------
外資系高級ホテルで働いていた実話をもとにした物語『天国おじい』では、成功を焦るあまりに借金漬けにおちいった青年の人生がその後どう展開していったかを描いています。
真面目に働いていたはずなのに、思いがけない失業で借金を重ね、起業しようとするも資金を持ち逃げされて無一文となり、おまけに原因不明の皮膚病にかかったりで仕事もままならず……。
そこで人生一発逆転を狙って、自己啓発やスピリチュアルにはまりまくったタイチ。
しかし、おかげで人生が好転するどころか、借金してまでセミナーなどに通いつめ、つぎ込んだ結果、借金は600万円にまでふくれ上がった!
「頑張れば結果が出るなんてウソだし、人生は不平等だ!」
そんなこんなで八方ふさがりになった主人公・タイチに、ある日突然、あり得ないことが起こり、以来、人生が好転していくことになったのです。
そのあり得ないこととは……死んだ祖父「おじい」の声が聞こえてきたのです!
その声は折に触れ、タイチの質問に答え、叱咤激励してくれるようになりました。
アルバイト先の高級ホテルで本当に出会った、本物のお金持ちたちとのエピソードなど興味深い話が随所に織り込まれた物語は、読むだけで人生を好転させるために必要なことが理解できます。
今回は、本には収録しきなかったエピソードを紹介します。

本物のお金持ちなら絶対にしない、
「お金持ちに見えるだけの人」特有の振る舞い



石川大智(いしかわ・たいち)
975年生まれ。設計職として企業に就職するも自己啓発やスピリチュアル関連のセミナーや講座に通いつめ借金を重ね始める。2008年、リーマンショックの影響で失業。知人の裏切り、原因不明の皮膚病などの不運に次々見舞われ、さらに増える借金に行き詰まっていたところ、「成功するにはお金持ちの実態を知ればいい」と思いつき、2010年より外資系高級ホテルでアルバイトを始める。そこでのお金持ちたちの実態に、それまで信じてきた自己啓発やスピリチュアルのノウハウに疑問を持ち始めたところ、2011年、死んだ祖父との対話が突然始まる。この対話を紹介したブログがライブドアブログ「哲学・思想」カテゴリ1位を獲得。2016年にホテルを辞め、現在はかつての自分のように人生に悩む人々を対象にカウンセラーとして個人セッションやセミナーなどを主宰している。〔イラスト:©shoyu〕



『天国おじい』でのホテルでのエピソードを読まれて、お客さまがチェックアウトした後のお部屋の状態をボクたちスタッフが気にかけることを不思議に感じた方もいらっしゃることでしょう。

 しかし、これには然るべき理由があります。

 1つは、忘れ物がないかどうかの確認をすぐに行うためです。
 そしてもう1つ、お部屋の状態、とくに破損等がないかの確認です。

 もし、いずれかがあった場合には、お客さまにすぐに連絡を取る必要があります。
 宿泊されていたお客さまが海外から来られていた場合には、まだ日本国内にいるタイミングでアプローチしなければならないからです。

 実は、ボクが勤めていたホテルでは特定のお客さまの宿泊をお断りさせていただく場合がありました(すべてのホテルが同じかどうかはわかりません)。

 過去にご宿泊いただいたお客さまで、ある条件に該当する場合は、宿泊のご希望をいただいてもお断りしていたのです。

 その条件とは、主に次のようなものです。

●備品を壊す
●お部屋に落書きをする
●深夜でも大騒ぎして周りのお部屋に迷惑をかける
●無理難題のリクエストを「サービス業だろ!」と言って頻繁に強要する

……など明らかに常軌を逸したマナー違反の場合です。

 当時のボクにとって不思議で衝撃的だったのは、このような振る舞いをするのは圧倒的にお金持ちに見える方に多いことでした。

 ですが、経験を重ねるうちにわかってきたのは、本物のお金持ちはこのようなことは一切しないということです。

「お金持ちといっても、いろいろなタイプがいるんだな」と、それまで個人的に抱いていた「お金持ち=スゴイ人」という画一的なイメージが消え失せていったのは事実です。

 もしお客さまの故意でホテル側に損害があった場合には、お客さまに連絡して損害補償に関することを確認するわけですが、お支払いいただくことになった場合でも、ご本人は来館されず、代理としてご友人や会社のスタッフが来られることがほとんどでした。

 また、お支払いいただく時点でも多くの不当に思えるクレームを告げられることが多かった印象があります。

 ホテルで働いているうちに、チェックインや来館でお客さまがホテルに入ってこられた時点で、「どんな人か?」が自然とわかってくるようになります。

 これは、然るべき対応を少しでも事前に想定することが最善のサービスの提供につながるため、大切な能力となりますが、前述したようなマナー違反をしてしまうお客さまにはわかりやすい特徴が見られることがほとんどでした。

 それは、とにかく面倒臭がる態度をとる、ということです。

 宿泊証への記入をお願いした際に、「俺に書かせるのか?」と言ったり、使ったペンを放り出したり、お支払いの際にクレジットカードやお金を投げてくる、などといったことがありました。
「取れよ」と言いながら、ブラックのクレジットカードを顔に投げつけられたことも多々ありました。

 もしかしたら、お客さまにはその前に何かイライラされることがあったのかもしれませんし、ボクが気づかないだけで、ボクの対応に不足や失礼があったかもしれません。しかし、そういったお金持ちは、いつでも同じ態度をとられているのをお見かけしました。

 横柄、人の話を聞かない、自分の主義主張を押し通す、まわりへの配慮がない、物を粗末に扱うなどが共通していた特徴です。

 とは言え、それでもお金持ちであることは努力あってのことでしょうし、最終的に自分がどういう態度を取ろうが、自分自身が困らないのならば別にどうでもいいのでは? 気にしても仕方ないのでしょう。

 しかし、「それはどうかな?」とおじいは言いました。

「努力してお金を稼いだのはスゴイことだが、問題は、その状態をずっとキープできるかどうかだ。

 お金持ちに見える人は自分の都合を優先した言動をとるが、本物のお金持ちはいつでも自分の言動の影響力を考えている。

 人であれ組織であれ国であれ、栄枯盛衰は信頼で決まる。

 生きているのは「人間社会」なのだから、やはり人としての魅力と信頼が最終的には大切になるものだ」

『天国おじい』に登場する本物のお金持ちの方々からいただいた教訓と感動が、今でもボクにとって忘れられないものとなって心に残り続けているのは、そこにまさに信頼と魅力があったからだとわかります。

「神客」と呼んでボクたちスタッフが慕っていた柏木さまのエピソードを読まれるだけでも、影響力の本質を改めて知ることができることでしょう。

 柏木さまが語った「服装の乱れは心の乱れ」とは、「言動の乱れは信頼の乱れ」なのかもしれませんし、別のお金持ちのお客さまが教えてくれた「人は心地よい影響力に惹かれる」なのでしょう。

-----------引用終了------------




おもしろそう。



スポンサードリンク

「超富裕層」人口の世界一は香港、日本の2都市もトップ10入り

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


「超富裕層」人口の世界一は香港、日本の2都市もトップ10入り
http://www.asyura2.com/18/hasan128/msg/396.html

------------引用開始------------
保有資産3000万ドル(約33億円)以上の世界の「超富裕層」の人口は昨年、前年比でおよそ13%増加し、25万5810人となった。経済の安定的な成長、堅調な資産市場と株価の大幅な上昇、為替相場の安定といった数多くの要因が影響したと考えられる。

米調査会社ウェルス-X(Wealth-X)が先ごろ公表した世界の超富裕層に関する年次報告書によると、これら25万5810人が保有する資産は、合計315億ドル(約3兆4840億円)を上回っている。

長年にわたり、「億万長者」を生み出してきたのは主に北米だった。だが、報告書によれば、いまやより多くの富豪が誕生しているのはアジア地域だ。中国経済の着実な成長により、同地域の超富裕層の人口は昨年、前年比19%増を記録した。北米での増加率は、その2分の1ほどにとどまっている。

ニューヨークが首位陥落

超富裕層の人口は昨年、香港がニューヨークを追い抜き、初めて世界で最多となった。前年比で31%増加、およそ1万人に上っている。2位にランクを下げたニューヨークでは、約8900人だった。

3位につけたのはもう一つのアジアの都市、東京だ。約6800人が超富裕層の一員となっている。また、欧州の都市でトップとなったのは、およそ4000人を数えた5位のパリだった。

以下、昨年「超富裕層」人口が最も多かった世界の10都市を紹介する。

1位:香港/1万人
2位:ニューヨーク/8900人
3位:東京/6800人
4位:ロサンゼルス/5300人
5位:パリ/4000人
6位:ロンドン/3800人
7位:シカゴ/3300人
8位:サンフランシスコ/2800人
9位:ワシントンD.C. /2700人
10位:大阪/2700人

出典:Wealth-X World Ultra Wealth Report

Niall McCarthy

-----------引用終了------------




東京/6800人もいるのか。



スポンサードリンク

年収が低くても「1000万円」貯まる人たちの、ある共通点 やみくもに貯める必要はなかった

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


年収が低くても「1000万円」貯まる人たちの、ある共通点 やみくもに貯める必要はなかった
http://www.asyura2.com/18/hasan128/msg/280.html

------------引用開始------------
給料が安い、ボーナスが減った、老後が不安……お金の不安はつきないもの。しかし、『人生を黒字にするお金の哲学』の著者で、公認会計士の林總氏は、「収入の多い少ないは重要ではない」と断言する。そんな林氏が勧めるのが、まず「将来の支出」をはっきりさせること。そして「いくら貯めるか」をはっきりさせることだ。「生涯収支」をプラスにするこのノウハウについて、くわしく聞いた。

「いくら貯めるか」をはっきりさせる

私たちは、いったいいくらお金を貯めればいいのでしょうか。

それを考える前に、「貯蓄」とはいったい何かを、改めて考えてみましょう。

貯蓄というのは、将来の支出です。

たとえば住宅ローンの頭金、子どもの教育費、老後の生活資金、いざというときの予備費など、将来必要になるであろうお金をプールしておくこと。

それが貯蓄です。
 
目標もなくお金を貯めることは、貯蓄の本来の意味からはずれています。

お金はたくさんあれば安心かもしれませんが、そのために人生の大半が爪に火を灯すような生活になるのでは、意味がありません。天国にお金を持っていくことはできませんから、やみくもに貯める必要はないのです。
 
少しの余裕をもって、人生を歩んでいけるだけのお金があれば十分です。

ですから、必要な貯蓄額は人によって違います。

1000万円で十分足りるという人もいれば、5000万円必要だという人もいるでしょう。1000万円で足りる人は、5000万円貯める必要はないのです。また、500万円は10年後に必要になり、もう500万円は20年後に必要になるといった、使うタイミングの違いもあります。

いくら貯めるべきかは、将来の支出を知ることでおのずとわかるというわけです。同時にいま、いくら使えるかもわかります。

お金を使うことは、怖いことでも、悪いことでもありません。

考えないで使うから、不安が残ったままなのです。

「人生の支出」はいくらですか?

まずは、あなたの人生の収支を概算してみましょう。

人生の三大支出といわれているものは、住居費、教育費、老後資金です。

たとえば4000万円で家を買い、子どもの教育費に2000万円(1人あたり1000万円×2)が必要で、老後は2000万円+年金(+退職金)で暮らしていくとすれば、三大支出だけで8000万円ほどの支出が確定します。

一般的な会社員の生涯賃金は、手取りで約2億円といわれています。

2億円で概算してみると、大学卒業の23歳から年金受給年齢の65歳までの42年間で、三大支出以外に使えるお金は、平均で年間約286万円、月に約24万円ということになります。

もちろん、収入や住居費、結婚しているか否か、共働きか否か、子どもの数などによって、収支は大きく変わります。
 
すでに持ち家があるなら住居費はほぼかかりませんし、子どもがいないなら教育費は必要ありません。大きなお金がかかる趣味がある人は、三大支出以外にもその分をプールしておく必要があります。

また、退職金がなく、年金の少ない自営業者であれば、老後資金はもう少し必要でしょう。逆に退職金や年金の額が潤沢であるなら、老後資金は少なくても大丈夫かもしれません。

いくら貯めるべきか、使ってよいのかは、人生を見通して、概算しておくことが可能なのです(くわしい計算方法は著書『正しい家計管理』で解説しています)。

さて、みなさんの将来の支出はどのくらいになりそうでしょうか。

将来の支出に照らし合わせたとき、現在の生活費が多すぎたり、少なすぎたりしていないでしょうか。

人生を黒字にするために、バランスのよい貯蓄と支出を心がけてください。

「月1万円」で大金が手に入る

お金を貯めるときに、必要なことがあります。

それは、絶対に実現させる目標です。

たとえば、30歳のあなたが「老後資金を1000万円くらい貯めたい」という目標を立てたとします。

1000万円といえば、かなりの大金です。

「うちは収入が低いから、1000万円なんて到底無理だなあ」という人もいるかもしれません。そこで現実から目を背け、あきらめてしまう人も多いのです。

ここで必要になるのが、先を見通す力です。

たとえば、いまのあなたは、月に1万円しか貯められません。月1万円なら、年間12万円です。

「なんだ、たった12万円か」と思いますか? そう考える人は、絶対にお金を貯めることはできません。

月に1万円でも、10年で120万円、30年で360万円です。夫婦2人で貯めれば、720万円になります。これだけあれば、老後の大きな力になるのではないでしょうか。

月1万円なら、誰にでも可能な貯蓄額です。月に1万円の貯蓄だって、やるとやらないとでは大違いなのです。

仮に最初の10年は1万円、次の10年は2万円、次の10年は3万円というふうに貯蓄額を上げていけば、1人でも720万円、2人なら1440万円です。
 
余裕のある人は、月に3万円貯蓄できれば、30年で1080万円になります。月に5万円なら、1800万円です。

つみたてNISA(NISA:少額投資非課税制度)やiDeCo(個人型確定拠出年金)などを利用して、安全に資産を積み立てていくのもおすすめです。

-----------引用終了------------




毎月5万円貯めよう。



スポンサードリンク

資産38億円から生活保護に転落した男性はどう復活したのか

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


資産38億円から生活保護に転落した男性はどう復活したのか
http://www.asyura2.com/18/hasan128/msg/122.html

------------引用開始------------
 35歳で起業した直後、次々と病に襲われ、38億円の資産家から一転全てを失い、生活保護を受ける状態に陥り、また返り咲いた人生を送る男性がいる。彼はなぜ復活できたのか、その生き方を知る諏訪中央病院名誉院長の鎌田實医師が紹介する。

 * * *
 ファンドマネジャーとして活躍してきた並木秀之さん(65歳)はジェットコースターのように上り下りの激しい人生を送ってきた。

 起業し38億円の資産家になったが、すべてを失って一時、生活保護を受ける。そこからまた年収3000万円の高給取りに返り咲いていく。

 その並木さんが自分の「強み」をはっきりと自覚したのは、32歳のときだった。そのころ彼は大手会計事務所に勤務していた。上司や同僚はエリートばかり。能力の差に引け目を感じたという。

 倒産会社の破たん処理に携わっていたとき、企業のトップとともに壇上に並び、債権者の前で土下座することがある。並木さんも、その列に加わり、何の抵抗もなく、深々と土下座していた。

 しかし、上司や同僚は違った。土下座しながら、手をブルブル震わせ屈辱に耐えている。それを見て、「私はこの仕事に向いている」と気がついた。弱者であることが、自分の強みだと気づいたのだ。それから彼は自称「土下座専任」になり、優秀な同僚たちのなかで、次第に成果を上げていく。

 バブル景気の追い風に乗った彼は、35歳で、破たんした会社を整理する会社を起業した。会社を整理しながら、土地や建物を売る不動産業も行い、利益を上げるようにした。借金もあったが、資産は38億円にもなった。

 でも、どうして屈辱的な土下座も、平気でできたのだろう。それを理解するには、彼の生い立ちに触れなければならない。

 並木さんは、脊髄分裂症という先天性の障害をもっていた。そのために歩行障害があり、脚をひきずって歩く。排せつ障害もある。おむつが必要で、小学校時代などは、「クラスの仲間の前で、下痢を起こしてしまったらどうしよう」と、いつも冷や冷やしていたという。

 父親は、小学校5年のときに他界。母子家庭の貧しい暮らしのなかで、母親に連れられて通院を続けてきた。つらい思い出なのだろうと思ったら、「おいしいものを食べさせてもらえたので、痛い治療も忘れた」とあっけらかんと言う。

人間は自分の行いに救われることがある

 ぼくの好きな作家フランツ・カフカは絶望名人だ。彼はラブレターにこんなことを書いている。

「未来に向かって歩くことはぼくにはできません。将来に向かってつまずくことはできます。いちばんうまくできるのは倒れたままでいることです」

 並木さんは、カフカとは違って、楽観的に生き抜こうとする。次々と困難が押し寄せ、絶望するひまがなかったのかもしれない。というのも、35歳で起業した直後、彼は膀胱がんになる。それをはじまりに、肝臓がん、皮膚がん、前立腺がん、白血病と、5つのがんに襲われることになるのだ。

 治療を受けながら仕事を続けていたが、40歳のとき、白血病になって決断を迫られた。主治医から会社運営は無理といわれ、会社を閉じざるを得なくなったのだ。

 3億4000万円で買った物件を、1500万円で売るというような悔しい思いをしながら、あっという間に丸裸になってしまった。会社整理のプロが、自分の会社を破たんさせてしまう立場になるとは、何とも皮肉である。

 でも、人間は自分の行いに救われることがある。会社をたたんだ並木さんを救ったものは、2つあった。

 1つは、コワい人たちの人情だ。破たん整理という仕事は、銀行などの金融機関だけでなく、任侠の世界の人たちも相手にしなければならない。彼は、一番、二番抵当の銀行への返済額を少し削って、コワい人たちにも分配できるように工面してきた。それに恩義を感じた人たちが病院に見舞いに来て、ドンと札束を置いていった。見れば、100万円も入っている。こんなにもらっていいのかなと戸惑いながら、無収入の彼には、本当に助けになったという。

 もう一つは、区役所の担当者だった。治療費と生活費に困窮するようになったが、生活保護を受けることにはどうしても抵抗があった。そのとき、当時住んでいた品川区の生活保護の担当者がこう言ったのだ。

「並木さん、あなたからは今までさんざん住民税を取っていますから、これくらいもらってもいいのです」

 うれしかった。絶対に早く脱出するぞと誓い、生活保護を受けることにした。その誓い通り、彼はシティバンクに再就職し、闘病しながら高収入を得るようになっていく。

 いま65歳になった並木さんは、一般社団法人をつくり、障害者や母子家庭の子どもへの進学支援や、シングルマザーの自立支援をしている。

「格差なんて生ぬるい、もう階級ですよ」

 努力だけで貧困から脱することは難しい。それを彼は「階級」と表現した。

 働き方改革関連法が成立したが、日本から過労死を失くすだけでなく、失敗しても何度でも再チャレンジできるような仕組みができるといいなと思う。35歳の壁を、若い人をつぶす壁ではなく、弱さを強さに変えてステップアップできるような壁にしたいと心から思う。

●かまた・みのる/1948年生まれ。東京医科歯科大学医学部卒業後、長野県の諏訪中央病院に赴任。現在同名誉院長。チェルノブイリの子供たちや福島原発事故被災者たちへの医療支援などにも取り組んでいる。近著に、『人間の値打ち』『忖度バカ』。
-----------引用終了------------



膀胱がん、肝臓がん、皮膚がん、前立腺がん、白血病と、5つのがんに襲われる、とか。。。



スポンサードリンク

お金を使わない「夢の月0円生活」拝見! 意外と知らない世の中の"抜け道"

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


お金を使わない「夢の月0円生活」拝見! 意外と知らない世の中の"抜け道"
http://www.asyura2.com/18/hasan127/msg/899.html

------------引用開始------------
「企業キャンペーン」を、マメに賢く活用する!

超少子高齢社会の真っ只中で、将来が見通せない日本。自分の年金はちゃんともらえるのか。親の介護にはいくらかかるのか。子どもが海外留学したいと言ったらどうしよう。働き盛りのサラリーマンに不安は尽きません。
   

投資するにしても知識が少なく、失敗したときの損失が怖い。可能な限り支出を減らそうと節約しても、ストレスばかりが溜まってしまう。

気持ちはわかります。だからこそ、みなさまにお勧めしたいのは、私が普段から実践している「お金を使わずに文化的な生活を楽しむ方法」です。投資のようなリスクもなく、楽しく節制できます。

0円生活にはさまざまな手段がありますが、基本的には企業や店舗が打ち出している無料キャンペーンを活用します。もちろん企業は利益を目的に活動していますから、これらは一種の餌撒きです。撒いた餌代よりも多くの利益を回収しなければ企業として成り立たないわけですから、当然、餌の中には針が仕組まれています。

針に食いつかず、餌だけをもらって撤退する生活を送っていれば、資産を構築することもできます。そして慣れてくると、企業の打ち出すキャンペーンをどうしたら最大限お得に活用できるのかを考える応用力、企業側の戦略・狙いを読み取る分析力、またそれに乗せられないような一歩引いた視点なども身についてきます。

「そんな、貧乏くさいことはしたくない」と言われてしまえば、元も子もないのですが、たとえば、アップル創業者の故スティーブ・ジョブズはほぼ毎日タートルネックの黒い長袖シャツとジーンズを着ていたといわれています。世界一の投資家、ウォーレン・バフェットも朝食はマクドナルドと決まっているそうです。彼らは節約のためだけにそうした行動をとっているわけではないと思いますが、結果的に無駄な出費を抑えています。大金持ちや成功したビジネスパーソンほど、価値があると判断したもの以外には、お金を使わないのです。

さて、今日からでも始められる0円生活を送るための技を、ほんの少しだけ紹介します。これらの技の多くは応用が利きます。実践しながらオリジナルの0円技を探してみてください。私と一緒に「夢の月0円生活」を楽しみましょう。

▼お金持ちや成功者ほど、自分で価値があると判断したもの以外にはお金を使わない。レッツ0円生活!


【1】英字新聞を読む
米紙のニューヨーク・タイムズやワシントン・ポストの電子版は、会員登録をしていないユーザーに対しては記事の全文表示を5頁までに制限しています。上限を超すと記事は読めなくなり、有料の会員登録を促してきます。しかし一工夫すると、スマホで常に読めるようになります。iPhoneではタブ一覧を開いたときの画面左下に表示されるプライベートモード、Androidでは画面右上のメニューで選択できるシークレットモードからサイトを閲覧するだけで、残り回数の回復ができます。こういったサービスはブラウザー内に保存される“クッキー”という情報を使って回覧回数を管理していますが、プライベートモードなどではクッキーが保存されず、常に新規ユーザーとして扱われます。これで購読料が浮き、英語も勉強できます。同様の仕組みで登録を促すサービスはほかにもあり、応用できます。

【2】映画・スポーツ観戦
ネット動画の配信サービスは、無料期間が定められているサイトが多いです。スポーツ配信「DAZN」、動画配信の「U-NEXT」や「dTV」などは、1カ月の無料期間があります。無料期間終了後は家族名義で別アカウントをつくれば、再度無料視聴が可能に。こうしたサービスは同一のクレジットカードでは複数のアカウントを持つことができない場合が多く、家族カードの作成がお勧め。動画配信は「Netflix」や「ゲオTV」など参入企業も豊富で、3~4人家族が名義や配信会社を変えていけば1年はタダで見ることができます。

【3】LINEで無料商品GET
新商品を宣伝するため、LINEを使って、商品をお店などで交換できる無料券の抽選をする企業が増えています。当選者数を多く設定している商品のほうが当選確率は高く、1万人以上の当選者数が設定されているものが狙い目です。「ローソン」や「アサヒ飲料」「サントリー」などは当選者数を多くする傾向があるため、友達登録しておいて損はないです。しかし企業アカウントをたくさん登録すると、企業から無料商品とは関係のないメッセージがひっきりなしに送られてきます。煩わしい場合は、通知をオフにしましょう。

【4】広告代理店イベントで王様気分
ブログ向けの広告代理店「A8.net」は、年に数回「A8フェスティバル」という催しを開いています。広告を出稿している企業がブロガーに向けて「ぜひウチの商品を取り上げてください」とアピールする場なので、来場者は全員“大事な取引先”となります。企業からぜひにとサンプルを手渡されるという状況は、まさに王様気分です。筆者は健康関連の会社から定価2万円ほどの美顔器をもらい、ホクホクと帰宅しました。参加要件はA8のアカウントを持っていることだけ。形だけでもブログを始めれば誰でも参加可能です。

【5】旨いコーヒーを自宅で
ネスレは、コーヒーの素を定期的に注文することを条件に、コーヒーマシーンの「バリスタ」を無料で貸し出しています。当然、コーヒー代は別途かかりますが、「ハピタス」や「ちょびリッチ」といった広告サイトを経由して契約を結ぶと、3000~3万ポイントが付与されます。ハピタスでは1ポイントを1円に、ちょびリッチは2ポイントを1円に換金できます。ポイントを計算し、コーヒー代が赤字になる前に解約すれば、実質無料でおいしいコーヒーが楽しめます。違約金はありませんが、マシーンの返送料がかかります。

【6】展覧会を観にいく
松本市美術館で開催されていた草間彌生の企画展の前売り券は一般1000円でした。しかし館内にて販売されていた“リンリン”と“トコトン”のぬいぐるみはプレミア化しており、合わせて3000円(税抜き)で買えましたが、インターネットでは5000円以上の値段がつくことも。観覧のついでに購入し、オークション等に出品するだけで入場料を回収でき、小遣いにもなったのです。美術展だけでなく、サッカー場などで販売されるコラボグッズや、歌手のライブで販売される限定グッズなど、再販売の可能性が低そうなグッズは要チェックです。



山野祐介(やまの・ゆうすけ)
フリーライター
1991年生まれ。自らの節制生活をもとにした「1週間食費0円生活」を月刊誌で連載中。ネット通販やクレジットカードのポイントを活用した節約術や、最新スマホ事情に精通。

(撮影=山野祐介 写真=PIXTA、iStock.com)
-----------引用終了------------



労力は必要だ。



スポンサードリンク

年収750万円なのに貯金ゼロ…「何に使ったか分からない」赤字家計の特徴

応援よろしくお願いいたします。
優良な高ランキングサイトも見れます。

外国株式ブログランキングへ


コチラは新着順とかあるので、見やすいです。

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 投資でセミリタイア生活へ
にほんブログ村
にほんブログ村 その他生活ブログ 世の中の真実・矛盾へ
にほんブログ村

スポンサードリンク


年収750万円なのに貯金ゼロ…「何に使ったか分からない」赤字家計の特徴
http://www.asyura2.com/18/hasan127/msg/873.html

------------引用開始------------
3世帯に1世帯が貯金ゼロ――節約を意識し貯蓄している人たちからすると信じがたいが、日銀の金融広報中央委員会が調べた「家計の金融行動に関する世論調査」で報告されている’17年の調査結果だ。“貯まらない家庭”にはどんな傾向があるのか? そして、貯金ができない家庭にはどんな未来が待っているのか? 実際にお宅を訪問して判明した“貯まらない家族”の特徴を紹介する。

◆支出は夫婦ともに把握せず。赤字分はボーナスで補塡

…世帯年収750万円の実例

「何に使ったかわからない金額が多いことはわかっています」

 そう反省するのは、専業主婦の野方洋子さん(仮名・37歳)。野方家は子供2人で、手取り月収40万円という一般的な家庭だ。

「4800万円で東京郊外に4LDKの一戸建てを購入して、毎月15万円ほど住宅ローンを返済しています。また、通勤は車が必要なエリアで自動車ローンで300万円の車を買ったので、月7万円ほど。返済し終わったら長く乗って、乗りつぶすつもりです。ケータイは長男には持たせていますが、家のネット代、固定電話代を合わせて、通信費2万6000円。固定電話は小学校の連絡網で必要ですが、やめることも考えています。保険も最近見直しをして、夫が働けなくなったときに毎月10万円が受け取れる収入保障保険4000円と個人年金5000円、私の医療保険3000円だけなんですけど……」

 ケータイは格安スマホにしたり、家の固定電話をやめたりと見直しの余地はありそうだが、そこまで無駄遣いしているわけでない。

「食費はネットスーパーで1万5000円ほど買い物していて、生協から毎週3000円の品がまとまって届きます。ネットスーパーも5000円以上買えば送料無料になるんです」(野方さん)

 消費生活アドバイザーの丸山晴美氏は「生協の定期便は不要なものも多いのでやめて、ネットスーパーに一本化を」と指摘。また、野方家で最も問題なのが、多額の使途不明金の10万円だ。

「夫婦の小遣いはそれぞれ3万円ですが、家族で外食したり、私はママ友とランチに行ったり、主人のほうはいくら使っているか把握していません。毎月10万円近くの赤字になっているので、何かに使っているんだと思いますが……」

 今は赤字分をボーナスで補塡してやり繰りし貯金はまったくできないが、それでも老後の不安はあまりないとか。

「定年の頃に住宅ローンが払い終わるし、夫は大手企業で退職金も年金もそれなりにもらえそう。それと、将来は一人暮らしの父の家を売るつもりなので、売ったお金も合わせれば、老後は心配していません。むしろ子供が成人すればラクになるんじゃないかな」

 親の遺産に頼れるのはうらやましい限りだが、確実にもらえるとは限らない。貯金グセをつけなければ、老後破綻もありえるのだ。

― 貯金0円の恐怖 ―
-----------引用終了------------



楽天的だな。



スポンサードリンク
人気ブログランキング
にほんブログ村
未経験者大歓迎
★オトク情報★
無料で海外旅行保険自動付帯
Twitter プロフィール
配当金という副収入で人生に潤いを。
クラウド証券
アトムカード
急な資金、まとまった資金の調達
MCドクターズネット
MC─薬剤師のお仕事
医師バイトドットコム
医師転職ドットコム